スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SUPER LOVERS 2
あべ 美幸
角川書店(角川グループパブリッシング)
コメント:ドラマCDの予習のために読みました。

一巻のラストは、たしかカナダだったと記憶しているのですが、
なぜか、兄弟4人で日本で暮らすことになって・・と話がはじまる二巻。
あれほど頑なに「日本にはもう戻らない」と言っていたはずの四男は、
「新米が食べたくて」日本に舞い戻ってきたらしい。ビバ☆ご都合主義。
登場人物が多くて、急展開なのはこの際、横に置いとくとしても、
長男&四男の気持ちがどうにもこうにも分りにくいのが、
私がのめり込めない一番の要因なのかもしれない。
スキンシップばかりがエスカレートする長男と、
そんな長男に対する四男の唐突なリアクション。
たぶん、まだ伏線をはってる段階なのでしょうねー。
3巻以降に、話がドンドン動きだすことを期待してます!


とりあえず今回は、
爪切ってる四男に長男が後ろから覆い被さって
「貸せ 俺がやる」と爪きり取り上げるシーンで
萌え滾りました。
これが、ドラマCDで森川&神谷で聴けると分かっただけで、
予約した甲斐があったと思います。後悔はない!(キリッ

| BLコミックス | 15:31 | comments(0) | - | pookmark |
愛想尽かし
英田 サキ
大洋図書
¥ 680
(2010-12-01)
コメント:CD予約記念で、原作を読みました。

英田さんお得意のヤクザもの。
テンポも良くて、切なくて、ラストまで一気に読めてしまう
良質のエンターテイメント。
さすが英田さんだなと思う一方で、お話のひとつひとつの要素は、
どこかで読んだような既視感が最後までぬぐえなかったかなーと。
刑務所とかヤクザって、男同士の禁忌をすんなり越えられる
飛び道具ですけど、どうしても似たようなアプローチになってしまう
気がして。扱いが難しいのかもしれませんね。



CDは森川x武内とのことで、
もちろん脳内変換して読みましたよ〜。
きっと、森川ボイスの椹木は、全編色気ダダもれなんだろうなぁ。
あと、椹木の元同僚のヤクザ・羽隅が松山さんなのも
地味に楽しみです。ひげに色付き眼鏡っていう
胡散くさいビジュアルがちょっぴり好みだったり・・。

| BLコミックス | 14:50 | comments(0) | - | pookmark |
SUPER LOVERS

森川&神谷コンビでCD化されると聞き、さっそく読んでみました。

いきなり舞台が外国(カナダ)だったり、
事故で記憶を失ってみたり、ホストだったり、
いくら人生イロイロたって、1巻のまだ半分もいかないうちに
この急展開はどうなのよ・・とおそるおそる読み進めていくと、
後半は、割とフツーのほのぼの兄弟ものっぽくなってて一安心。
でも、どこがどう転んで長男x四男になるのか、
イマイチ予測がつかない。というか、ラブの香りが限りなく薄い。
たぶんドラマCD的には、ヘタレな長男@森川さんとツンデレ四男@神谷さんの
騒がしいヤリトリをひたすら楽しむ方向で聴くのが正解かと。
森川さんの世話焼き長男の感じは、G猫の池田くんをほうふつとさせますね。

あと、腹黒そうな双子の片割れ眼鏡が気になったのですが
この蒔麻が小野さんで、もう一人の兄貴ラブなブラコン弟・亜樹が福山さん。
この双子は、長男を含めた三角関係を夢想して行間を読み解くのがお約束・・
なのかな、やっぱり?
そ、そう考えると俄然やる気がっ。(ただの腹黒眼鏡スキー)

ちなみに、↑の左が森川さんで右が神谷さんの役です。


| BLコミックス | 13:12 | comments(0) | - | pookmark |
同級生
同級生 (EDGE COMIX) (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX)
中村 明日美子

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条理人が歌ってないことに気が付いた草壁光。佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、だれもいない教室でひたむきに歌の練習をする彼の後姿を目にした草壁は思わず声をかける・・。(あらすじは本のものを使わせていただきました)

白と黒のコントラストがはっきりとした絵柄と、
独特なセリフの間が、非常に魅力的。
たとえば、普段は少し距離をおいて見ていた(であろう)優等生の佐条に
草壁が一歩だけ前へ踏み込んだシーン。

「み みてやろっ か これから うた」

勢いとか戸惑いとかためらいとか、色々な感情が、
絵の雰囲気ともあいまって、ドッと流れ込んできました。
なんでしょうね、この魅力。
決して奇をてらったストーリーではないのに、
高校生2人の距離が縮まっていく様子にドキドキして、
最後までページをめくる手が止まりませんでした。

続きも気になるけど、この2人はむしろ(チュー止まりの)
今のままでいて欲しい気もします。
この微妙なバランスを揺るがすのは、ハラセンの役目ということで(笑)。
いや、もちろん、ハラセンにも幸せが訪れるよう願ってやまないのですが・・。
| BLコミックス | 11:00 | comments(0) | - | pookmark |
恋の心に黒い羽
恋の心に黒い羽 (MARBLE COMICS)
恋の心に黒い羽 (MARBLE COMICS)
ヤマシタ トモコ

6つの短編と、書き下ろしのショートやおまけなどが収録された
オムニバス作品。どの作品も、いつもとは違った目線、
変わった切り口のお話ばかりで、非常に面白かったです。

「ベイビー、ハートに釘」
姉と弟、たった2人きりの家族。姉の目線で見た弟の恋は、
どこまでもネガティブで息苦しい。けれども、目線を変えれば
その閉塞感は霧散しうるんだよ、というラストの切り替えしに
唸らされました。巧い!

「イッツ マイ チョコレート!」
6人兄弟の長兄が主人公。ゲイであり恋人もいるが、兄弟達の面倒を見る
慌しい日常に追われ、家族へのカミングアウトどころの話ではない。
相談事はいつもされる方、たまには誰かに甘えたいと内心思ってはいても、
プライドがジャマしてなかなかままならない。
そんな溜まりに溜まったものがある日大爆発したから、さあ大変・・。
家族ネタのため、色っぽさは皆無ですが、
男性の恋人にコンプレックスをビジバシ指摘され、
切れて家族に当たり散らす長兄は、なんだか可愛いかったです。
あと、ラストのお母さんの反応もいいなぁ。まさに子沢山の母って感じで(笑)。

「悪党の歯」
ヤクザ同士のお話ですが、片方は瀕死の状態で、
その娘との会話で2人の関係が明かされていくという珍しい展開。
ところどころ挿入される執着エピソードがアングラっぽくて、
好みが分かれそうですが、直接向けられない膨れ上がった思いが、
抑えきれずに歪んでしまった感じが上手く出てるなぁと感じました。

「恋の心に黒い羽」
ドMの二神は、口の悪い同僚・中頭に恋心を抱いている。
中頭は、いくら罵っても貶めても喜んでいる二神のことを理解できない。
二神の好きという気持ちはどこからくるのか?その性癖ゆえなのか?
感情をぶつけてもまるで手ごたえのない二神の本心を引きずり出し
中頭が目にしたものは・・・。
個人的には一番ツボにはまったお話。
理解できない相手のことを、それでも理解しようと努力するのは
無駄なことなのか否か。明確な答えのない問いかけにも、
作者のメッセージはあくまでも前向きで、
救いのあるラストに癒されました。

「その火をこえてこい」
題名は三島の潮騒の名シーンより。
文学少年・六条に恋する、本嫌いな鹿目。
好きな相手のために、苦手な読書をし、
文学的表現で迫ってみるものの、どこか的外れだったりするのが、
可愛いくてキュンとなるお話。

「FOOL 4 U」
天然無自覚なバカ・充夫に恋をした、かわいそうな?結のお話。
いつもなんだかんだで頼られて、「女だったら嫁にしてた」と言われ、
てっきりすべて分かった上で友達のままなのだと思っていたら・・
ただ単に天然で無自覚でバカなだけだったという(笑)。
自分の恋心にも気づかなかったぼんやり眼鏡くんが攻で、
見た目いかにも攻めっぽい結が受だったという意外性もマル。
面白かったです。
| BLコミックス | 22:43 | comments(0) | - | pookmark |
嵐のあと
嵐のあと (花音コミックス)
嵐のあと (花音コミックス)
日高 ショーコ

輸入インテリア会社社長の榊は、取引先の担当・岡田のことが気になって仕方がない。しかし、面と向って「オカマっぽい」と言われたことがひっかかり、それ以上の進展は求めずにいた。だが、岡田はそんな榊の心を無自覚な言動でかき乱し・・・。


男同士のドライな関係を楽しんでいた榊が、
自分の意思とはうらはらに、どんどん恋にハマっていく姿が、
読んでて非常に楽しかったです。

学生時代、ノンケの友人への恋心を伝えられなかった苦い過去と、
岡田の言動が重なり、心の中の恋の嵐をなんとかやりすごそうとする榊。
でも、避ければ避けるほど、(ノンケなはずの)岡田はどんどん距離を縮めてきて、
ついに逃げ切れなくなった榊は、別れの言葉と共にその思いを口にしてしまう。

すべてを失ってしまうことを恐れて、
最初から何もかも無かったものとして諦めようとする気持ちって、
普遍的テーマな気もするけど、切ないですよね、やっぱり。
大人であるがゆえに、あと一歩が踏み出せない
臆病な榊の気持ちが、痛いほど伝わってきました。

対する岡田の方は、気になる相手のことを知りたいという好奇心と、
逃げられれば追いかけたくなる狩猟本能とで、榊と関わろうとしている印象があって。
その気持ちがどこで恋心に変わったのか、少し分かりにくかったのが残念でした。
それもあって、お話の流れ的には榊が受のほうがすんなり読めた気がします。
ノンケの男性が受け入れる側になるには、モラルのハードルがより高いと思われますし、岡田は天然系小悪魔キャラ?なので、個人的にもぜひ攻めて欲しかったという願望も込めて(笑)。
| BLコミックス | 13:58 | comments(0) | - | pookmark |
B級グルメ倶楽部 2
B級グルメ倶楽部 2 (2) (Dariaコミックス)
B級グルメ倶楽部 2 (2) (Dariaコミックス)
今 市子

憧れの先輩・鬼塚と7年越しの思いを実らせた吉野。世話焼きで口うるさく人の話を聞かない鬼塚に振り回されつつも、幸せを噛みしめる日々。しかし、鬼塚の弟・芳記が転がり込んできたことで状況が一変。さらには、鬼塚浮気説まで浮上してきて・・?


ありていにいえば、出来上がったバカップルに立ちはだかる壁なお話なのですが、
アプローチに捻りがきいてて、ありきたり感をまるで感じないのがすごい。
そして、2人の間の誤解やすれ違いのほとんどが鬼塚の性格(世話焼きで口うるさく人の話を聞かない)に起因している気がするのに、吉野はそんな鬼塚にベタ惚れなんだからもうどうしようもない。また、読み終わった後は「もうどうでもいいけどお幸せに〜」という感想しかないのだけど、気がつけば読み返してしまっているワタシも、もうどうしようもない・・のかも。
近々CD化されるそうですが、これだけの原作で、面白くならないほうがおかしいと思います。

書き下ろしの「他人の趣味」はヲタクとゲイの共通項についてのお話。
ヲタクの細川氏と鬼塚、吉野のそれぞれエレベーターでの会話は
本当に上手いと思いました。そして、「俺のことはもうほっとけ!」という
ラストの細川氏の叫びに妙に共感しちゃってる私も、
やっぱりヲタクなんだよなぁ、としみじみ(笑)。
JUGEMテーマ:読書


| BLコミックス | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
B級グルメ倶楽部
B級グルメ倶楽部
B級グルメ倶楽部
今 市子

新入社員の吉野英介は、会社で高校時代の憧れの先輩・鬼塚耕造と再会する。
鬼塚は、相変わらずの俺様っぷりで吉野を振り回すが、
吉野はそんなかっこいいけどものすごく恐くてものすごく変な先輩のことが
やっぱり気になって・・・。


シミズ屋のカレーパンとラパンのクリームパンが繋ぐ愛。
吉野と鬼塚の別れも再会もすべてこのパンが介在していて、
このあたりが「B級グルメ倶楽部」なんだろうな、と思われます。

とはいえ、そんな細かいところを気にするより、
「まずは読んで!」と言いたくなるくらい、文句なしに面白いので、
未読の方はぜひどうぞー。

ただし、表題作以外の同時収録作品の方がページ数が多いため、
読み終えた後は、ちょっと微妙な気分になるかもしれませんが・・(苦笑)。
JUGEMテーマ:読書


| BLコミックス | 04:35 | comments(0) | - | pookmark |
NON Tea Room
NON Tea Room (花音コミックス)
NON Tea Room (花音コミックス)
SHOOWA

アマチュアバンドのベーシストのケンタは
プロデビューを目前に控えたバンドでギターを弾く連次を紹介された。
同い年でスケボーと同じバンドが好き、という共通項のせいか、
急速に親しくなる2人。
やがて、裏表がなくいつも一生懸命な連次にケンタはどうしようもなく惹かれていく・・。(あらすじは本のものをアレンジしました)


巷の評判が良いので購入してみました。
バンドものBLはあまり得意ではないので(←基本同人で楽しみたい人)、ちょっと早まったかな〜と思いつつ読み始め、案の定、最後まで乗り切れずに読了。
切なくて、なかなか雰囲気のあるお話なのですが、
連次にあまり魅力を感じないせいで、彼に惹かれるケンタも
彼と過去に関係のあったアーサーも、なんだか色褪せて見えてしまう結果に。
連次がアーサーに惹かれた理由がもっと精神的なものだったり、
もしくはアーサーのキャラがもっと強烈だったなら、
前のめりで読んでいたかもしれないのに・・残念。
てか、アーサーはユウとの関係の方が個人的に萌えるので、
この二人のお話とかあったらいいのに、と思いました。
(なにこの現実逃避な感想)

同時収録は「Nobody Knows」の続編だそうで。
私は前作を読んでいないので、さっぱりだったのですが、
こちらも切ない系のお話。アンドロイド?(もしくはクローン人間?)が
愛を知って、感情を持ち始める・・という感じなのかな?
気になるので、前作もそのうちに読んでみようと思います。
| BLコミックス | 10:25 | comments(0) | - | pookmark |
くいもの処 明楽
くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
ヤマシタ トモコ

明楽高志は地元の幼馴染とはじめた居酒屋「くいもの処 明楽」の店長として、
そこそこ順調な人生を送っていた。が、ある日、年下のバイト店員・鳥原泰行に告白され、平穏な日々が一変。ビビッて、テンパって・・気が付けば戻れない道へ。
ちょっとおバカな店長とオトコ前だけど超ネガティブ店員の恋の行方はいかに・・。


おちゃらけた年長者が直球勝負の年下くんに翻弄されてオロオロする図、というのは基本的に大好物なはずなのに、ヒゲのオヤジ受属性が無いせいで、
萌えはそれほどでもなかったかも。
ただ、1度だけでなく2度3度手に取って読みたくなる、じんわりと染みてくるような作品でした。
セリフだけを単純に辿っていけば、鳥原がなんで明楽のことが好きなのかとか、明楽がどうして鳥原を受け入れたのかとか、肝心なことは何ひとつ語られぬままHになだれ込んでいるように見えなくもないんだけど、余白の多い絵やセリフが、いい具合にその説明不足分を埋めていってくれる。なので、読み手によって捉え方はそれぞれなので、好みが分かれる作品じゃないかと思います。
作品全体を流れるユル〜イ雰囲気とかキャラ設定、あとセリフの間の取り方とか、「木更津キャッツアイ」に通じる気がするので、クドカン作品がお好きな方は
楽しく読める作品かと。

あと、同時収録の2作品のうち「フォギー・シーン」はかなり好みな作品でした。
好きで好きでたまらない同級生(眼鏡)に告白できず、2番目に好きな教師にすがる高校生のお話。ありがちな設定なのに、ぐいぐい惹き込まれたのは、
セリフのひとつひとつに力があるから。こういう作品こそ、音にしたら素敵だろうなぁと思います。短編集とか出して欲しいな・・小野塚さんの「少年四景」みたいな感じで。
| BLコミックス | 23:58 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RECOMMEND

Such a beautiful affair(豪華盤)(DVD付)
Such a beautiful affair(豪華盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
こだまさおり,松村龍二,只野菜摘,黒須克彦,増田武史,野井洋児

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

[Web拍手]
ポチッと押してくださると、嬉しいです。 ご意見・ご感想もお待ちしております。
メッセージはこちらのメルフォからもどうぞ。日々の呟きはコチラ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS